インフラワールド

【フリーエンジニアとして働くためのコツ】

インフラワールドコラム

【フリーエンジニアとして働くためのコツ】

フリーエンジニアと会社勤めでは、メリット・デメリットが違います。
フリーエンジニアとして働くために抑えておきたいコツについて紹介していきます。

● 管理をすることの大切さ

会社勤めだと、それぞれに仕事が割り振られ目標が設定されていました。しかし、フリーエンジニアになるということは、自分で責任を負うということです。進捗管理をするだけではなく、実際に計画通りに進めていく必要があります。計画通りに進まないと不安が膨らみ、ミスを連発してしまい悪循環を招く原因になります。今、仕事はどこまで進んでいるのか、納期までに間に合うかなどしっかりと管理することが大切になってくるのです。 また、仕事面だけではなく、ご自身の健康管理も忘れないようにしましょう。

● 環境に対応できるか

フリーエンジニアとして働くということは、ひとつのプロジェクトを終えたら次は別の会社で働いたりと環境が変わることが多い可能性があります。環境が変わるたびに、新しい人間関係、新しい業務内容を覚えなければいけません。どのような場所でも、ご自身が持っている能力を最大限に発揮できるようにしておきましょう。

● マナーを身につけておく

どの仕事にも通じる基本的なことです。フリーエンジニアは、自分で「自分」という商品を売りださなければいけません。
相手に良い印象を与え一緒に仕事をしたいと思ってもらうには、身だしなみ、ビジネスマナーは欠かせません。
メールでも対面でも、仕事をする上で大切なのは信頼関係です。基本的なことができなければ、相手に不安を与えてしまいます。
また、マナーは身につけておいて無駄になることはありません。

弊社はフリーエンジニアの方々に、お仕事のご紹介をしています。サイトではLinuxやUNIXなど条件にあった仕事探しを、フリーエンジニアとして無料登録をして頂くと弊社からお仕事の紹介をさせて頂きます。スキルアップをしたい方、お仕事を探している方はぜひご利用ください。

記事一覧に戻る

初めてご利用になる方へ インフラワールドの使い方 フリーエンジニア、インフラエンジニア向けの求人をご紹介しているウェブサイトです。
あなたのスキル、ご希望に合う求人を検索し、求人詳細ページからご登録いただくことができます。
また、フリーエンジニア登録を行って頂くと、登録情報に合った求人をご紹介させて頂きます。
詳細は就業までの流れをご覧ください。 あなたのご登録をお待ち致しております。

就業までの流れ スキルシートの書き方 インフラワールドコラム    
         
このページの上に戻る
インフラワールド

インフラエンジニア向け求人サイト「インフラワールド」

copyright(c)spiritsone all rights reserved.